海外からドバイに入国する際の手続きに関するQ&A

2021/9/22
その他、新型コロナウイルス関連情報はこちらから!!

※9月22日更新。更新部は下線部です。

【はじめに】                                        

●本ページでは、ドバイ空港に到着する場合の措置について説明しています。アブダビ空港など他の空港に到着する場合は、各空港や航空会社に情報を確認してください。
●海外渡航に関する規則や制限は頻繁に更新、変更、又は追加されます。必ず、最新情報を、渡航前にご利用の航空会社等に確認するようお願いします。
●日本からドバイに入国する全ての外国人は、出発地や国籍を問わず、原則として出国前72時間以内のPCR検査陰性証明(以下「検査証明」と言います)の携行が義務づけられています。インドやパキスタンなど、一部ドバイ当局が指定する国からドバイに入国する場合は、検査証明の要件が異なりますので、ご注意ください。
トランジットのためにドバイ空港を経由する場合、日本から出発してドバイに「入国」せずに空港制限区域内の移動のみの場合は、検査証明は不要です。インドやパキスタンなど、一部ドバイ当局が指定する国から出発して、ドバイでトランジットする場合は、入国の有無を問わず検査証明が必要です(下記Q14、Q15参照)。

 

【目次】                                          

Q1:日本から「直行便で」ドバイに入国する場合の検査証明の有効期限は何時間ですか。
Q2:日本から「第三国を経由して」ドバイに入国する場合、いつ検査証明を受検したらいいですか。
Q3:検査方法として、抗体検査、家庭用キットを利用した検査結果も有効ですか。
Q4:検査検体(鼻から、口から、混合等)の指定はありますか。
Q5:日本からドバイに入国する場合、検査証明の書式や検査施設の指定はありますか。
Q6:日本「以外」からドバイに入国する場合、検査証明の書式や検査施設の指定はありますか。
Q7:日本語で書かれた検査証明は有効ですか。
Q8:SMSで受信した検査結果を提示することで有効とみなされますか。
Q9:子供は何歳から検査証明が必要ですか。0歳の子供も検査証明が必要ですか。
Q10:日本からドバイに入国した場合、隔離措置はありますか。
Q11:ドバイ空港到着時に再検査が必要な「特定の国」とはどこですか。
Q12:ドバイ居住者が日本からドバイに再入国する場合、再入国許可は必要ですか。
Q13:アブダビ居住者が日本から出発してドバイ空港に到着する場合、再入国許可が必要ですか。
Q14:日本から出発後「ドバイを経由して」第三国に渡航する場合、出国前検査証明は必要ですか。
Q15:日本「以外」から出発後「ドバイを経由して」第三国に渡航する場合、出国前検査証明は必要ですか。
Q16:観光目的でドバイに入国予定ですが、ドバイは安全ですか。

 

【ドバイに入国する場合の検査証明】                             

Q1:日本から「直行便で」ドバイに入国する場合の検査証明の有効期限は何時間ですか。
A:72時間です。ドバイに入国する全ての外国人は、原則として出発地や国籍を問わず、出国前「72時間」以内の検査証明の携行が義務づけられています。ただし、インド、パキスタン等、一部のドバイ当局が指定した国から出発する場合は、「48時間」以内の検査証明等が必要となりますので、出発国が日本以外の場合は、ご利用の航空会社に最新の情報をご確認ください。
 
Q2:日本から「第三国を経由して」ドバイに入国する場合、いつ検査証明を受検したらいいですか。
A:UAEに向かう最後の出発地を出発する最大72時間以内に受検してください(国際航空運送協会(IATA)ウェブサイトより)。ただし、ご利用の航空会社やフライトによって条件が異なる場合がありますので、渡航前に、検査証明の有効期限を各航空会社にお問い合わせください。
 
Q3:検査方法として、抗体検査、家庭用キットを利用した検査結果も有効ですか。
A:ドバイへの渡航のために有効な検査方法は「PCR(Polymerase Chain Reaction RT-PCR)」法に限られます。抗体検査、抗原検査、家庭用キットを使った検査は無効です。
 
Q4:検査検体(鼻から、口から、混合等)の指定はありますか。
A:検体は「鼻咽頭(Nasopharyngeal Swab)」から採取されたものが推奨されます。混合検体(鼻と唾液検体を混合したもの等)は、無効です。
(当館注:「検体」に関する情報はエミレーツ航空ホームページには掲載されていません。当館から同社に問い合わせた結果、「鼻」からの検体が必要というのみの回答でしたが、ドバイでの新型コロナウイルス検査は「鼻咽頭(Nasopharyngeal Swab)」が基本であることを踏まえて、「鼻咽頭」をお奨めします。また、日本から出発する場合は、「唾液」検体でも有効であるようですが、詳細はその都度、ご利用の航空会社に直接確認していただきますようお願いします。)
 
Q5:日本からドバイに入国する場合、検査証明の書式や検査施設の指定はありますか。
A:UAE政府指定の書式はありません。また、UAE政府指定の検査施設もありません。 日本で検査を受けられる施設は、下記の経済産業省のウェブサイトをご参照ください。
<経済産業省>
海外渡航者新型コロナウイルス検査センターTeCOT
https://www.meti.go.jp/policy/investment/tecot/top.html 
 
Q6:日本「以外」からドバイに入国する場合、検査証明の書式や検査施設の指定はありますか。
A: インド、パキスタン、ナイジェリア、バングラデシュ等、ドバイ当局が指定する一部の国・地域(下記Q11の「特定の国」とは異なります)からドバイに入国する場合は、UAE政府が指定する検査施設で受検した上で、QRコードのある書式の検査証明を取得する必要があります。指定されている一部の国・地域の情報は随時変更されてきていますので、最新の情報をご利用の航空会社にお問い合わせください。
<エミレーツ航空ホームページ>
(指定検査施設)https://c.ekstatic.net/ecl/documents/health-screening-documents/approved-laboratories.pdf 
(ドバイへの旅行要件)https://www.emirates.com/ae/english/help/covid-19/dubai-travel-requirements/ 
 
Q7:日本語で書かれた検査証明は有効ですか。
A:日本語のみで記載された検査証明は無効です。英語又はアラビア語で記載されたものを取得してください。
 
Q8:SMSで受信した検査結果を提示することで有効とみなされますか。
A:SMSやPDFなど、スマートフォン等の画面上でデータを提示するのみの場合は、無効となります。紙媒体に印刷されたものを携行、提示する必要があります。
 
Q9:子供は何歳から検査証明が必要ですか。0歳の子供も検査証明が必要ですか。
A:12歳未満の子供は、検査証明の提示は不要です。
その他、12歳以上であっても、中度以上の障害のある方、知的障害のある方、アルツハイマー病の方など、ドバイ当局が指定する一部の方は、上記Q1の検査証明の携行が免除されます(ドバイ当局による措置)。免除対象者の詳細は、ご利用の航空会社にお問い合わせください。
(当館注:ドバイから日本に入国する場合は、0歳の幼児も含めて、年齢を問わず検査証明の携行が義務づけられています(日本政府による措置)。)

【ドバイでの隔離措置、空港到着時の再検査】                         

Q10:日本からドバイに入国した場合、隔離措置はありますか。
A:基本的に隔離措置はありません。
ただし、ドバイ空港到着時に何らかの症状が見られる場合や、ドバイ当局が指定する「特定の国」から渡航した場合は、事前の検査証明の提出とは別に、ドバイ空港到着時に再度検査が行われる場合があります。その結果、陰性が確認されるまで、自宅や個人手配の宿舎での隔離が要請され、外出できません。なお、検査結果が出ていない時点でも、空港から宿舎までは、タクシーやメトロを含む公共交通機関の使用が可能です。
(当館注:検査結果が判明するまでの時間は24時間程度とされています。)
 
Q11:ドバイ空港到着時に再検査が必要な「特定の国」とはどこですか。
A:9月22日時点で、「特定の国」には、日本は含まれておらず、インド、エジプト、パキスタン等の60ヵ国以上が指定されています。「特定の国」は当局の判断により随時変更されてきているので、最新の情報をご利用の航空会社に確認してください。
<エミレーツ航空ホームページ>
(ドバイへの旅行要件)https://www.emirates.com/ae/english/help/covid-19/dubai-travel-requirements/ 

【再入国許可】                                       

Q12:ドバイ居住者が日本からドバイに再入国する場合、再入国許可は必要ですか。
A:不要です。ただし、出発地が日本以外で、インドやパキスタンなどドバイ当局が指定する国から出発する場合は、ドバイ入国管理局(GDRFA)の再入国許可を取る必要があります。

※ドバイ当局が指定する一部地域(インド、パキスタン、スリランカ、ネパール等)からUAEに再入国する場合は、GDRFAまたはICAからの再入国許可の取得が必須です。出発国によって、本措置は随時更新されますので、ご利用の航空会社から最新の情報を得るようにしてください。

<GDRFAへの申請、問い合わせ先>
General Directorate of Residency and Foreigners Affairs-Dubai
(申請) https://smart.gdrfad.gov.ae/Smart_OTCServicesPortal/ReturnPermitServiceForm.aspx   
(問い合わせ先) https://gdrfad.gov.ae/en/form/contact-us
 
Q13:アブダビ居住者が日本から出発してドバイ空港に到着する場合、再入国許可が必要ですか。
A:不要です。ただし、出発地が日本以外で、インドやパキスタンなどドバイ当局が指定する国から出発する場合は、連邦国籍ID庁(ICA)のウェブサイトで、ビザの有効性の確認を行ってください。

<ICAへの有効性確認、問い合わせ先>
Federal Authority for Identity and Citizenship
(有効性確認)  https://smartservices.ica.gov.ae/echannels/web/client/guest/index.html#/residents-entry-confirmation 
(問い合わせ先)https://ica.gov.ae/contact-us/ 
 

【ドバイに入国せず、乗り換え(トランジット)する場合】                    

Q14:日本から出発後「ドバイを経由して」第三国に渡航する場合、出国前検査証明は必要ですか。
A:出発地が日本であって、ドバイに「入国せずに」空港のトランジットエリアを通過するのみで第三国に渡航する場合は、ドバイ空港での検査証明の提示は不要です。ただし、最終目的地の当局が検査証明の提示を求める場合が多いので、必ず最終目的地が求める検疫措置に従ってください。
なお、トランジットであってもドバイに「入国」する場合は、滞在時間の長短を問わず、出発地からの出国前72時間以内の検査証明の携行が必要です。
 
Q15:日本「以外」から出発後「ドバイを経由して」第三国に渡航する場合、出国前検査証明は必要ですか。
A:インド、パキスタン、バングラデシュ、南アフリカ等、ドバイ当局が指定する「特定の国」から出発する場合、たとえドバイに入国せず、空港内のトランジットエリアを通過するだけであっても、出発地の出国前72時間以内の検査証明の携行が必要です。また、最終目的地が求める検疫措置にも従ってください。
なお、「特定の国」はドバイ当局の判断により随時変更されてきているので、最新の情報をご利用の航空会社に確認してください。(上記Q11参照)

【日本政府による感染症危険情報等】                              

Q16:観光目的でドバイに入国予定ですが、ドバイは安全ですか。
A:日本政府はUAEを感染症危険情報レベル3(渡航は止めてください「渡航中止勧告」)に指定しています。商用目的等での短期滞在をお考えの方は、日本政府がドバイへの渡航中止を勧告していることに十分留意するようお願いします。
<外務省海外安全ホームページ>
地域別情報「アラブ首長国連邦UAE」
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_042.html#ad-image-0 
<当館ホームページ>
新型コロナウイルス関連情報
https://www.dubai.uae.emb-japan.go.jp/itpr_ja/visa_top.html 
ドバイ及び北部首長国 安全情報
https://www.dubai.uae.emb-japan.go.jp/itpr_ja/safety.html

その他、新型コロナウイルス関連情報はこちらから!!